未だかつて、誰にも実年齢を当てられたことがありません。
大体10~20歳は若く見られるし、それが当たり前だと思っていました。
こういう風な優越感を感じることができるのも、人知れずアンチエイジングに精を出していた証拠です。
人が遊んでいる時でもヨガスクールに通い、体を動かし続けることで新陳代謝を促したんですよね。
それが成功し、晴れて若さを手に入れることができました。
アンチエイジングには、気力、努力がとっても大事なのだと痛感させられますね。

普段、どのくらいの量を読み書いているでしょうか。最近はあまりそのような機械がない、という方も多いはずです。しかし、それではあまりよい傾向とはいえません。これはアンチエイジングにも関わってくる問題なので、是非とも知っておきましょう。
アンチエイジングをする場合、脳の状態も若々しくしておく必要があります。そこで、そのために必要なのが、読み書きなのです。普段から読み書きをするようにすれば、脳の活性化を図ることができるでしょう。

私のアンチエイジン方法

| 日記帳 |

私がアンチエイジング対策で意識しているのは、精神的に落ち込まないようにすることです。もちろん嫌なことや傷つくことはありますよ。でもなるべく短時間で気持ちを取り戻すようにしています。気持ちの切り替えはとても大切ですね。
やはり気持ち的に落ち込むといくら高価なサプリメントや美容に良い食事をとっても効果がないからです。やはり精神あってのボディです。ストレスが溜まってしまうほどの運動もしていません。なるべく楽しいこと、ワクワクすることを考えて行動しています。おしゃれや新しいことにも挑戦する気持ちをもつようにしています。そう意識するようになってから気持ちもカラダも楽になりました。ここ数年大きな風邪もひいていません。

アンチエイジングって自己管理が必要ってことですね。
なかなか難しそうですが、老化すると聞いたら気をつけないわけにはいきませんよね。
予防には、ドクダミ茶や柿の葉茶を飲むのも良いそうです。
体内で余ったブドウ糖は、脂肪になるんだそうです。
食べ過ぎは、肥満にもなるし身体の糖化を招き、良いことはひとつもありません。
食事は、良く噛んで時間をかけることで満足感につながるそうです。
食事を味わって食べることが大事だと言えそうですね(*^_^*)。

身体の糖化というのが、最近話題になっていますね。
簡単に言うと、糖質の取りすぎで体内が老化してしまうのだそう。
怖いですね~(―_―)!!
甘いものが好きな女性には、耳が痛い話ですね。
だいたい美味しいものって、カロリーも糖質も高いものが多いです。
予防するには、カロリー管理が大事なのだそうです。
要するに、食べ過ぎに注意ってことでしょうか。

かつて海外で知られている日本食といえば、寿司や天ぷら程度でしたが、
現在ではそれ以外の様々な料理や食材が人気を集めています。
そして飲み物である緑茶も、最近では急速に人気が高まっています。
アメリカでは砂糖を入れてしまっているようですが・・。
私も毎日飲んでいる緑茶ですが、
緑茶には日本人でも知らない事が多い様々な健康効果があります。
緑茶は強い殺菌力を持っているので、緑茶を飲む習慣があると、虫歯になりにくいです。
また、高い抗酸化作用を誇るポリフェノールを豊富に含んでいるので、
高いアンチエイジング効果を期待出来ます。
毎日緑茶を飲む習慣があると、心臓病のリスクが10%以上落ちるというデータもあります。
緑茶は葉っぱも丸ごと摂取してしまうと、さらに効果的なのですが、
普通のお茶でそれを実践するのは、さすがに難しいです。
ですから、抹茶を少し混ぜるようにすると、抵抗なく高い効果が期待できます。